パチンコメーカーの将来性

パチンコメーカー求人TOP >> パチンコメーカーの転職の基礎 >> パチンコメーカーの将来性

パチンコメーカーの将来性

パチンコメーカーの将来性について見ていくと、まずはこれまでの業績、市場規模の変化などを見ていくとわかりやすいでしょう。パチンコ業界は、あらゆる市場の中でも、余暇市場というものに含まれます。これはその名前の通り、広い意味でのレジャー産業を指すものであり、ゲーム、スポーツ、旅行といったもので、我々にとっても身近な存在になります。そんな余暇市場の規模について見ていくと、全体で60兆円ほどにもなっています。この数字は大きく、例えば同じく日常で必須の家電産業、あるいは今一番勢いがあるIT産業がありますが、余暇市場はこのいずれも上回っているのです。したがって、まずは余暇市場そのものは非常に大きな市場を形成していると考えておきましょう。

では、パチンコ関連の産業は、余暇市場全体のうちどれくらいを占めるでしょうか。実は、全体の3割近くにもなるとのことです。これは、ホールでの「貸玉料」「貸メダル料」といった、お客さんから直接手にするお金、遊技機による売上高が中心であり、それだけで余暇市場の3割を占めるということで、非常に力はあります。将来性については、市場の規模が大きい方が当然ながら安定的と言えます。さらに言えば、時代の変化に応じた柔軟性があれば尚良いでしょう。

マイナス面についても見ていくと、パチンコは日本発祥の限られたレジャーです。世界進出などはなかなかできない産業です。また、最盛期はとうに過ぎ去っており、その時代には現在の1.5倍ほどの市場規模を有していました。ユーザー数を見ても数倍あったほどです。そのために、市場が縮小傾向にあるという意見もあります。これについては、同じ余暇市場にあるスマートフォン、あるいはゲーム、ITを利用したレジャーなどの勢いが強く、それに顧客を奪われているのが大きな原因になっています。また、世間的にネガティブなイメージがあることも関係しているようです。ただし、市場というものは時代によって浮き沈みを繰り返すものです。特に余暇市場に含まれる産業は、その次代の流行に左右される一方、ヒット作が1つ生まれるだけで市場全体に影響を与えるものです。今後も市場が拡大する可能性は十分にあります。

パチンコメーカーの将来性について、個人のレベルで見ていけば、例えばメーカー内で専門職に就き、そのスキルを活かして転職できるかどうか、という視点があります。これについては、例えば社内でSE職に就いたり、回路設計の職に就いたり、技術や資格が必要なものはわかりやすいでしょう。一方で、営業職でも、他分野に進出して活かすことはできます。

パチンコメーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 パチンコメーカー求人ナビ【※大好きなあの会社で働く】 All Rights Reserved.