パチンコメーカーの向き・不向き

パチンコメーカー求人TOP >> パチンコメーカーの転職の基礎 >> パチンコメーカーの向き・不向き

パチンコメーカーの向き・不向き

パチンコメーカーに転職するにあたって、やっぱり向いている人は「パチンコが好き」という方は外せないでしょう。どのような職種でもこれは重要なポイントです。パチンコが好きであれば、より良い機種を作るためにはどうすれば良いかを考え続けることもできるでしょう。また営業に関しても、自分がパチンコ好きでないとその機種がいかにいいのかということがなかなかパチンコ屋のスタッフには伝わらず、売り上げにも反映されないでしょう。パチンコメーカーで仕事をしている人の中には、もともと自分はパチンコをしないという人も多いです。しかしメーカーで仕事をしていく中で、パチンコの魅力が分かって、どんどん好きになっていったという方は少なくありません。「ものこそ好きの上手なれ」という言葉がありますが、パチンコメーカーはまさにそれが当てはまる業界と言えます。

パチンコメーカーで仕事をするにあたって、几帳面な人の方が向いていると言えます。パチンコの台を作成するにあたって、釘の角度がちょっと違っただけでもパチンコ玉の飛ぶ方向が全く違ってきます。何度も微調整を繰り返して、思っている所にパチンコ玉が飛ぶようにできるような几帳面さが必要になるでしょう。これは何も技術系に限ったことではなく、営業のスタッフにも共通することです。几帳面でどこにどの台がどれだけ入っているかをチェックする習慣をつけないと、効果的な営業ができません。

パチンコ屋によって、どのような特徴を持ったパチンコ台を入れたいか、傾向は微妙に変わってきます。それぞれのお店の特徴を把握して、「こんな新台が出ましたけれどいかがですか?」とかパチンコ台を導入した時期をチェックして、「そろそろメンテナンスはいかがですか?」と先方に連絡を入れましょう。このようにかゆい所に手の届くようなこまめな配慮ができると、店との信頼関係も構築できます。その結果、売り上げのアップにもつながっていくでしょう。パチンコメーカーのどの職種で仕事をするにしても、几帳面さは必要だと思った方が良いです。

パチンコメーカーで仕事をする場合、体力は求められることも頭に入れておきましょう。新台の企画・製作をするにあたって、長時間打ち合わせや会議をする必要があるかもしれません。営業スタッフについてもパチンコ屋に営業をかけるにあたって、時として深夜遅くまで仕事を続けないといけない可能性も十分あります。パチンコメーカーは思ったよりも肉体を酷使する仕事であるということは、あらかじめ覚悟しておいた方が良いです。

パチンコメーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 パチンコメーカー求人ナビ【※大好きなあの会社で働く】 All Rights Reserved.