パチンコメーカーの求人倍率

パチンコメーカー求人TOP >> パチンコメーカーの転職の基礎 >> パチンコメーカーの求人倍率

パチンコメーカーの求人倍率

パチンコメーカーの求人倍率について見ていくと、まず最も高いといえるのは、大手メーカーでの募集でしょう。この場合、待遇面で優れており、他の業界でも同じように、まずはここに優秀な人材が集中し、募集人数も多くなってきます。そして、中でも特に倍率が高くなるのは総合職です。これは例えば、企画職であり、パチンコ機種の企画を総括的に担当する職業であり、将来的にも管理職になって活躍する道が開けています。業務内容の責任度も重く、やりがいのある業務になるので、人気が出るというわけです。この場合、書類選考に加えて面接で複数回、あるいは選考の前のインターンや説明会の時点から社員の方に顔を売っておき、選考の際にとっかかりを作ることも多く、実際の選考の前からすでに競争が始まっていると考えた方がいいでしょう。

他にも人気があるところとしては、専門職の中でも、デザイナー職などがあります。あるいは、開発職全般です。特に機種のゲーム性を高める職種などは、人気があり、スキルの高い人が集まってきます。その中で勝ち抜いて採用されるには、実質的な倍率は総合職ほどでなくとも、勝ち抜くには努力が必要です。これについては、実際に自分が持っているスキルや能力を十分に伝えきることができるかどうかがカギとなります。自己分析から適性、経験やスキルを履歴書や面接でいかに伝えるかがポイントになるので、早い段階から対策を行っておくのがいいでしょう。

この場合、例えば転職エージェントなどを利用して、専門家の視点から客観的な分析を行ってもらうと、対策が立てやすくなります。エージェントサービスでは自分にピッタリの求人をピンポイントで探してくれるなど、情報収集の時点からすでに優位に立つことができます。登録や相談は無料なので、試しにチェックしておくのもいいでしょう。

一方で、競争率が高くない、倍率が低めの職種もあります。やはり多くの人が敬遠する営業職などがそれです。営業職は先入観で避けてしまう人がいますが、やりがいがあって、待遇も他の職種と比べて遜色ないものが多いです。先入観にとらわれず、例えば大手の営業などを狙ってみると、総合職よりは競争を避ける事ができます。営業職については、個々の店舗に行って、自社製品を設置してもらい、継続的に訪問してデータを管理するなどし、適時アドバイスを行っていきます。店舗経営者と二人三脚で経営を改善していくということで、非常にやりがいのある職種です、

パチンコメーカーの求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 パチンコメーカー求人ナビ【※大好きなあの会社で働く】 All Rights Reserved.